2011年10月31日

コラム 2011/10/31

 東京新聞の読者投稿欄にてハロウィーンの由来を知らぬまま享受する日本人の姿勢に警鐘を鳴らす中学生の投稿が掲載されていた。内容は以下の通りである。

「由来学んで」
 お化けや魔女の仮装で「トリック・オア・トリート」と叫ぶ子どもを、多く見かける時期だ。ハロウィーンはもともとキリスト教の祭り。秋の収穫を喜び祝い、悪い霊を追い出すことから始まった。
 この祭り、いや、イベントが世界中に広まり、その由来を知らずに楽しむ若者がほとんどだ。私は幼いころイギリスに五年間住んでいた。ロンドンの学校に通い、キリスト教徒になった。週に一時間、キリスト教の祭りの由来を学ぶ授業があり、あちらでは由来を知っているのが常識。
 ハロウィーンの由来も知らないで、日本で行っているのが嫌だ。楽しんでいるなら、由来を知ってほしい。

 知っている人はご存知だろうが、ハロウィーンは元をたどればケルト民族の祭りであり、正確に言ってしまえば「キリスト教の祭り」ではない。大ざっぱに説明するならば、ケルトの祭りにキリスト教の行事の一部が混ざり込んだのがいまのハロウィーンの形式といえる。厳格なキリスト教系の学校の一部では「ハロウィーンはキリスト教の祭りではない」と、一切の行事を行わない学校もあったりするほどだ。
 由来を知る、知らないでいえば、この中学生も正確な由来を知らずにハロウィーンを行っているといえる。とはいえ、彼女の無知を責める気持ちは毛頭ない。文脈から想像するしかないのだが、彼女が学んだイギリスの学校が間違った知識を教えていたと思われるからだ。だとすれば、偽りを真実と教わった彼女もまた無知な大衆の犠牲者であるろう。
 私は真に責められるべきは、この投稿を掲載すべしと判断した東京新聞編集部だと考える。
 このような形で由来を知らないことを嘆く記事に間違った由来が掲載されれば、読者は間違った由来を真実と誤解してしまう可能性は高い。この投稿の嘆く通り、東京新聞の読者投稿を担当する部署にハロウィーンの正確な由来を知る大人が一人もいなかったということだろう。何という皮肉なことか。
 新聞が読者に与える影響は大きい。それは「新聞は私たちに正確な情報を与えてくれる」という期待があるからである。どんな些末な記事や投稿でも、確認する作業は必要なのではないだろうか。



posted by 朽葉トイロ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

今月の注目作

11/04「PSYREN(8)」岩代俊明(ジャンプコミックス)
11/10「白山さんと黒い鞄(3)」鈴木鈴(電撃文庫)
    「片耳うさぎ」大崎梢(光文社文庫)
    「ぼくらが走り続ける理由」アンソロジー(ポプラ文庫ピュアフル)
    「オカメインコに雨坊主」芦原すなお(〃)
11/11「毒入りチョコレート事件<新版>」アントニイ・バークリー(創元推理文庫)
11/13「迷路館の殺人〈新装改訂版〉」綾辻行人(講談社文庫)
    「プラネタリウム」梨屋アリエ(〃)
    「タイムスリップ水戸黄門」鯨藤一郎(〃)
11/17「ツバサ(28)」CLAMP(週マガKC)
    「おそろし箱 —あけてはならない5つの箱—」香谷美季(青い鳥文庫)
11/18「名探偵コナン(66)」青山剛昌(少年サンデーコミックス)
11/20「武士道シックスティーン(1)」安藤慈朗(アフタヌーンKC)
    「鬼に喰われた女 今昔千年物語」坂東眞砂子(集英社文庫)
11/25「GOSICKU」桜庭一樹(角川文庫)
    「武士道シックスティーン」尾崎あきら(マーガレットコミックス)
11/27「よつばと!(9)」あずまきよひこ(電撃コミックス)
    「晩夏に捧ぐ」大崎梢(創元推理文庫)
11/28「みんなのなやみ」重松清(新潮文庫)

posted by 朽葉トイロ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

10月の読書

10月の読書メーター
読んだ本の数:27冊
読んだページ数:6827ページ

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)
甘い閉塞感が心地よかった。
読了日:10月31日 著者:桜庭 一樹
ミーシャ―ホロコーストと白い狼ミーシャ―ホロコーストと白い狼
読了日:10月31日 著者:ミーシャ デフォンスカ
嵐のなかのパイロット―フェレット物語 (新潮文庫)嵐のなかのパイロット―フェレット物語 (新潮文庫)
読了日:10月30日 著者:リチャード バック
日曜哲学クラブ (創元推理文庫) (創元推理文庫 M マ 18-1)日曜哲学クラブ (創元推理文庫) (創元推理文庫 M マ 18-1)
読了日:10月28日 著者:アレグザンダー・マコール・スミス
冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間
読了日:10月27日 著者:斎藤 惇夫,薮内 正幸
気分はもう、裁判長 (よりみちパン!セ)気分はもう、裁判長 (よりみちパン!セ)
読了日:10月26日 著者:北尾 トロ
桜庭一樹日記 BLACK AND WHITE桜庭一樹日記 BLACK AND WHITE
読了日:10月26日 著者:桜庭 一樹
さよならの次にくる<新学期編> (創元推理文庫)さよならの次にくる<新学期編> (創元推理文庫)
読了日:10月25日 著者:似鳥 鶏
寝ても覚めても本の虫 (新潮文庫 こ 38-1)寝ても覚めても本の虫 (新潮文庫 こ 38-1)
読了日:10月24日 著者:児玉 清
ひかる! 1―本気。負けない! (1) (ホップステップキッズ! 1)ひかる! 1―本気。負けない! (1) (ホップステップキッズ! 1)
読了日:10月21日 著者:後藤 竜二
キケンな野良猫王国―マック動物病院ボランティア日誌キケンな野良猫王国―マック動物病院ボランティア日誌
読了日:10月19日 著者:ローリー・ハルツ アンダーソン,藤丘 ようこ
書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記
読了日:10月19日 著者:桜庭 一樹
やまんば妖怪学校〈1〉こいぬのクンは一年生やまんば妖怪学校〈1〉こいぬのクンは一年生
読了日:10月15日 著者:末吉 暁子
いろは歌に暗号 (祥伝社文庫)いろは歌に暗号 (祥伝社文庫)
読了日:10月13日 著者:鯨 統一郎
キノの旅〈13〉the Beautiful World (電撃文庫)キノの旅〈13〉the Beautiful World (電撃文庫)
読了日:10月12日 著者:時雨沢 恵一
オランダ水牛の謎 (創元推理文庫)オランダ水牛の謎 (創元推理文庫)
読了日:10月09日 著者:松尾 由美
さよならの次にくる <卒業式編> (創元推理文庫)さよならの次にくる <卒業式編> (創元推理文庫)
読了日:10月09日 著者:似鳥 鶏
雪蟷螂 (電撃文庫)雪蟷螂 (電撃文庫)
読了日:10月06日 著者:紅玉 いづき
小公女セイラ ~リトルプリンセス~小公女セイラ ~リトルプリンセス~
読了日:10月05日 著者:フランシス・ホジソン・バーネット
f植物園の巣穴f植物園の巣穴
読了日:10月05日 著者:梨木 香歩
リリーと海賊の身代金 上 ~魔法の宝石に選ばれた少女~リリーと海賊の身代金 上 ~魔法の宝石に選ばれた少女~
読了日:10月05日 著者:エミリー・ダイアモンド
あやかしの鏡 (講談社青い鳥文庫 270-1)あやかしの鏡 (講談社青い鳥文庫 270-1)
読了日:10月03日 著者:香谷 美季
悪徳子犬ブリーダーをさがせ―マック動物病院ボランティア日誌悪徳子犬ブリーダーをさがせ―マック動物病院ボランティア日誌
読了日:10月03日 著者:ローリー・ハルツ アンダーソン,藤丘 ようこ
海の救助隊―フェレット物語 (新潮文庫)海の救助隊―フェレット物語 (新潮文庫)
読了日:10月03日 著者:リチャード バック
マタギに育てられたクマ―白神山地のいのちを守って (感動ノンフィクションシリーズ)マタギに育てられたクマ―白神山地のいのちを守って (感動ノンフィクションシリーズ)
読了日:10月02日 著者:金治 直美
アップルジャック (幻狼FANTASIA NOVELS K 7-1)アップルジャック (幻狼FANTASIA NOVELS K 7-1)
読了日:10月02日 著者:小竹 清彦
ゲゲゲの鬼太郎おばけ塾  豆腐小僧の巻 (角川つばさ文庫)ゲゲゲの鬼太郎おばけ塾 豆腐小僧の巻 (角川つばさ文庫)
水木氏の絵でTV版のヒロイックな鬼太郎を書いてみた、という感じ。
読了日:10月02日 著者:文:東 亮太

読書メーター


posted by 朽葉トイロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

むずむず・・・

うっふっふ……


とうとう、花粉症デビューですのよ。


うっふっふ……


うっふっふ……ふ……ふぇっくしょん!






posted by 朽葉トイロ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

ほろ酔い図書館論

酔いながら書いているのでちょっと支離滅裂かも。
後で消す羽目になるかもねー。


ちょっと前に、社会保険庁の元次官が殺された事件で、犯人が「住所は国会図書館で調べた」と供述したのに対して、国立国会図書館は閲覧規制をしましたね。
世論に反するかもですが、私は司書としてこれには反対です。

図書館には国民の知る権利に対し資料提供の義務があります。
もちろん犯罪に使われる恐れのある個人情報の記載された資料に関しては、身分証明書の提示などの一定の制限を設けるべきでありましょうが、基本的に利用者の知りたいという要望に頭ごなしに「No」を突き付けてはいけないと思うのです。
制限と禁止とでは天と地ほども違いがあります。

この世に知ってはいけないものはありません。
知ったことを悪用する「人間」が悪いのです。

例えば、ナイフで人を刺した事件があったとして、そのナイフを売った店が責められる謂われはあるでしょうか?
それと同じく、図書館で得たある情報を利用して誰かが犯罪を犯したとして、それを提供した図書館は責任を取るべきでしょうか?



個人的には図書館の本分を貫き、閲覧制限を設けなかった都立図書館を応援したいです。



*
posted by 朽葉トイロ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

復帰、してみようかな。

というわけで(どういうわけかは某チャットを見ていない人にはわからないだろうけど)またブログをちょくちょく更新でもしようかと思います。
小学校に臨職の司書として赴任が決まったのはいいきっかけかもしれない。

今までの書店のはネタにできるまでもなかったし、日々の一言日記的なものはmixiで書いてたし。


面白いネタほど個人が特定されやすいから、ブログには書けないというもどかしさ。
とりあえず司書ネタで何かあったら色々と書いていこうかと。


もう、図書館で生きて図書館で死ぬ覚悟はできているので。



*
posted by 朽葉トイロ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

読了/08/03/01

●爆笑問題+井田茂『爆笑問題のニッポンの教養 宇宙人はどこにいるのか?』(講談社)

posted by 朽葉トイロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

読了/08/02/29

●西尾維新『刀語 第十一話 毒刀・鍍』(講談社)
●西尾維新『刀語 第十二話 炎刀・銃』(講談社)


posted by 朽葉トイロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

エヴァンゲリオン:序

ひと月後れで見に行ってきました。

何だこの無駄なカッコよさはw
ヤシマ作戦のシンジが熱い。
エヴァっぽくないような気もしたけど、あれがロボットモノの原点だよなぁ、と思った。
内容はちょっと駆け足だったので、エヴァ初体験の人は少し置いていかれるかも。

次回はいよいよアスカ登場!
・・・らしいのだが、他の量産機のパイロットも出てくるみたい。
あれ?
アスカの影が薄くならないよう祈る。

各所で批判を受けている宇多田の曲だけど、私は悪いとは思わなかった。
むしろEDとしてはなかなかいい感じ。
でも、残酷な天使のテーゼは欲しかったかも。
誰かのカバー版でもいいから。
posted by 朽葉トイロ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

柳沢発言問題

もういい加減にして欲しい。

柳沢大臣が辞めるのは当然として、野党議員も国会議員として失格な人間が多すぎる。
「女性は機械」発言は当然許せざる発言だし、大いに糾弾してしかるべきだと思う。(そして柳沢は潔く辞任すべき)
だけど、その後の「健全」に関する叩きは明らかに揚げ足取りだろう。
的外れな糾弾で粋がられてもなぁ。

愛知と北九州の選挙で辞任だ続投だと大騒ぎしてるのも不愉快。
所詮、発言問題とは関係ない選挙だろ?


武部幹事長を私と妹は「能無し武部」と呼んでいるが、能無しの称号がつく議員は多すぎだろう。


普段政治ネタでブログを書くことは滅多にないし、こんな攻撃的な発言を取ることもないのだけれど、それだけ今回の問題に対する国会議員の動きには不愉快だということで。


選挙で与党にも野党にも投票する気が失せてしまったなぁ。
posted by 朽葉トイロ at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。