2005年06月29日

修羅場終了

友人の劇団の冊子販売の手伝いがようやく終了。
ほんとに疲れた……。

もー勘弁です。
なぜに、自分には関係のない劇団の販売の手伝いをなぜにせねばならんのか……?
お金はちゃんと貰う手筈ですが、雀の涙程度ですし。
割の合わない仕事でした。



で、伊坂幸太郎の新作『死神の精度』を購入。
が、家に帰りつく前に読了(苦笑)

感想レビューは後ほど上げる予定ですが、さすがは伊坂、といった感じ。
なかなか面白かったです。

構成などには見習いたいなぁー、と思えるような箇所がいくつもありました。




明日は『クドリャフカの順番』を買う予定。
posted by 朽葉トイロ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

義経 25話『義仲最期』

木曾義仲は、私的にはかなり好きな人物でした。

朝日将軍。
まさにその名の通り輝き昇った人物かと。


さて、義仲の最期は、やはり額に矢を受けて――でしたか。
まぁ、どの源平合戦でもそう描かれるので、別に不満はありませんが、もう少し死に様を深く掘り下げて描いて欲しかったかなー、と思ってみたり。(主役でないとはいえ)やけにあっさりした死に様だった気がします。
部下を見捨てて逃げ延びる事を選ばなかった男気には惚れましたが(何)

ですが、死に際、朝日の幻を見るシーンは好印象。
まさに朝日将軍の最期! という感じで、涙を誘いました。

義仲様〜〜(涙)


しかし、何より巴は強いなぁ……w
あと1回くらい、大河義経には登場しそうですね。
どういう再登場をするのか、今から楽しみです。
(予告で義経に殴りかかっていたのが、彼女でしょうか?)



不満なのは、ラストに義経と常盤の母子再会に全部持っていかれたこと。
別に来週に回しても良いのに……
今回は義仲をメインに終わらせて欲しかったです。
サブタイトルだって『義仲最期』なのに。
主役というだけで、美味しいところ、全部持っていく気ですか。タッキー義経は(苦笑)




あとはどうでも良い話、来週義高と大姫が再登場というのに舞い上がっております。

「義高様はどうして泣いておられるのでしょう?」

大姫可愛い(爆)
舌っ足らずなところがもう……

こういうの見ると、私は根っからの義高・大姫のファンなんだなー、と思います。

義高の最期は再来週、といった感じでしょうか。


見逃せません。




あと
posted by 朽葉トイロ at 21:05| Comment(3) | TrackBack(10) | 義経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

蟲師

蟲師の最新刊、第6巻を購入。

そして……


アニメ化決定!!!

やったぁああ!!♪

うれしいな♪
posted by 朽葉トイロ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

杞憂

ちょっと色々あって、会うのが気まずかった友人と会う。
サークルの後輩の書いた小説を一緒に受け取りに行く、ってだけだったのですけれど。

結果から言えば、思ったより自然に接することが出来て良かったです。

その後、一緒にPC教室で作業したり、駅まで行ったり。
向こうも、あまり気にしてないようで良かったです。

その後、今まで以上にメールでたわいもない話をしたり。

本当に良かった。




で、サークルの後輩の小説の方に大問題。
いや、私も大して上手い文章が書けるわけじゃないです。
けれど、何が問題って、長い上に小説の作法がなってないわけで……。

例えば、一人称と三人称がごちゃ混ぜだったり。
例えば、文の書き出しにスペースを開けなかったり。
例えば、「、」を多用しすぎて文章が非常に読みにくかったり。
例えば、口語と文語の使い分けが出来ていなかったり。

例えば、例えば、etc……。


個性、と言ってしまえばそれまでですが、でも、それを差し引いてもおかしい所が多い。

これ、後で批評にかけなくちゃならないのですが……、。
批評すべき点が多すぎて、どこから批評すべきかわからない……。


上の友人と別れた後、同サークルの先輩、及び親交の厚い他文芸サークルの友人らとばったり出会い、せっかくなので作品を見せ、

全員、苦笑いw


しかし、
posted by 朽葉トイロ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

義経 23話『九郎と義仲』

人は夢を叶えるために、どこまで犠牲に出来るのか。

そんなことをふと思った義経23話でした。
義仲は、良くも悪くも一途で一本気な男だったのでしょう。
その自らの野望のために、頼朝の元にいる義高のことを苦悩しながらも、ただひたすら前へ前へと。
また、義仲それゆえに不器用な男であり、京で狼藉を働く兵士を押さえることもできず、上皇の知略の上で踊らされる結果となってしまったのです。


今回の義経はちょっと感動した。

私が義仲が好きで、義高の話を絡めた二人のやり取りに心奪われていただけだとしても。


次週は、義経と義仲の戦いが始まります。
大河義経の山場の一つなので、ぜひ見逃さないようにしましょう。
posted by 朽葉トイロ at 20:54| Comment(2) | TrackBack(3) | 義経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

北斎と広重

サークルの後輩を半ば無理矢理引っ張り出して、今、日本橋三越で開催している『葛飾北斎と歌川広重』の展覧会に行ってきました。
個人的には、北斎のほうが好きなのですが、まぁ、広重も結構良かったです。

ゴッホの絵と比較展示してあったのは良かったなぁ。



で、ここを見ているかもしれない知り合いの方へ。
一応、問題は解決しました。

それが良い方向へ転がったのか、悪い方向へ転がったのかは現時点では不明ですが、ともかく解決はしました。
posted by 朽葉トイロ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

嫌い

最近気づいたのですが、自分はインセスト・タブーに対してかなりの嫌悪感を持っているらしいです。

例えば、ファミ通文庫の『三月、七日』。
他所の書評では、そんなに悪くない評価が付けられていたりしますが、私はどうしても好きになれませんでした。
どうしてかわからないのですが、もう生理的に受け付けなかったのです。

しかし、サークルの後輩がインセスト・タブーに関する作品を書いてきて、ようやく自分の中で合点がいきました。
ああ、もう自分はこういうのはダメなんだな、と。


最近、『赤い疑惑』というドラマのリメイク版の特集をテレビで見ましたが、嫌悪感が行き過ぎて気持ち悪くなってしまったことも。
そういう意味では、実は兄妹だったネタを多用する韓流ドラマも大嫌いです。


『荒野の恋』もかなり微妙なラインでしたけども。
ちょっと前まで赤の他人だった、という設定に救われたせいか、まぁ、何とか楽しめました。



ちなみに、
posted by 朽葉トイロ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

サッカー

W杯予選、vs北朝鮮。
日本代表は2-0で勝利しました。
個人的に大黒選手が好きなので、彼がゴールを決めて「おおおお」という感じ。しかもキーパーと1対1。コレは燃えない方がおかしいでしょう。

これで、本戦出場決定。
聞くところによると、世界で一等最初に出場を決めた国らしいです。

そこふと疑問。

ドイツは?(爆)
posted by 朽葉トイロ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

コロッケにつけるもの

夕食に近くのスーパーの惣菜コーナーで、コロッケを買ってきて食べました。
その時、ふと「そういえば、ハチクロでコロッケにマヨネーズつけて食べてたっけ」と思い出し、試してみることに。

……うん、悪くないよ。
……っていうか、むしろいけるんじゃない?
……いや、全然アリだよ、これ。

というわけで、「コロッケにマヨネーズ」は意外といけることが判明。
ぜひお試しアレ。

posted by 朽葉トイロ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『セツナカナイカナ』

著:こがわみさき 出版:ステンシルコミックス エニックス


他人の心の声が聞こえる能力を持つ相田初美は、毎朝学校の雪かきをするのが日課だった。そんな雪かきの最中、朝機嫌が悪い黒川くんに雪をぶつけてしまい――
(「セツナカナイカナ」より)


私の大好き&尊敬するこがわみさきさんの3冊目の短編集。
全体にこがわ節が効いていて、少女コミックスなのに少女漫画少女漫画していないところが好きです。それでも、この短編集は恋愛要素が強い方ですが。
ただ、「プライマリーズ」は個人的にあんまり好きではなかったです。
オススメは「セツナカナイカナ」「夜にとろける」




評価
posted by 朽葉トイロ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評−漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

だらけモード

昨日は、サークルの集会があって、帰ってそのままばたんキュー。

一応は、この前に書いた小説を修正して献上。
結構叩かれましたが、作品自体としては好印象を持たれたので、まあまあ良かったです。
一番ガツンときた批評は、

「トイロさんは描写力はあるけど、作品が無個性だよね」

……
…………はい、仰るとおりです_| ̄|○


とりあえず、今回注意されたところの修正と、新作をつらつらと書き始めてます。
新作のテーマはボーイズライフです。
間違ってもボーイズラブではありません。略称にすればどちらもBLですが、断じて違います。


あと、サークルの新人さんに、2人ほど私の作品を褒めちぎる人がいらっしゃるのですが、凄く微妙な気分。
多分彼らの方が小説上手いと思いますよ(苦笑)




そんなわけで、今日はだらだらしながら小説書いてたりしました。
だらだらサイコー(人間失格発言)
posted by 朽葉トイロ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

おめでとう

というわけで、今日は身内の記念日でした。
一応、プレゼントと言う名の粗品を送り、おめでとうメールを送っておきました。

おめでと〜!

posted by 朽葉トイロ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

偶然に出会う

今日、帰りに電車に乗っていたら、中学高校と一緒だった友人と偶然会いました。
懐かしかったので近くの喫茶店に入ってしばし雑談。
先月頭に同窓会があったばかりなので、話は昔話よりも今のお互いの話に。
というか、ほとんど愚痴の言い合いでしたが(苦笑)


そして、新しくイヤホンを買ったのですが、これが使えない。
外国の輸入品で、デザインが良くて購入したのですが、音質が悪い悪い。
何だかんだいって、日本社製品は質が良いんだなぁ、と実感。

結局、今まで使っていたヤツを使うことになりそうです。

posted by 朽葉トイロ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。