2005年12月25日

クリスマスに苦しみます?

うちの隣のマンションで火災報知器が鳴り響き、消防車がやってくる騒ぎに。
住人が一斉に飛び出したりと、一時騒然。

結局、火災報知器の誤作動だったらしいのですが、クリスマスに自分がローストなんて、ジョークにしても出来が悪いです。

火の元、火の扱いには十分注意しましょう。
posted by 朽葉トイロ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

懐かしい

B000BNI71K.09.LZZZZZZZ
買ってしまった、FFWアドバンス。

そしてプレイ。

……

…………

………………

うん、懐かしいし、面白い。
やっぱりFFは2Dだよねー、とか思ってみたり。
posted by 朽葉トイロ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

あだなバトン

一姉さま(一之瀬さん)から、「あだなバトン」なるものが回ってきました。
本当に最近多いですねw

Q1 親から呼ばれるあだ名は??

名前の略称ですね。
個人的には石田彰が叫ぶとしっくりくるかも(爆)
(わかる人にはわかるネタですけど)

Q2 異性から呼ばれるあだ名は??

HNは、「ちぃちゃん」とか「ちぃさん」とか「ちぃさま」とか。
本名は、苗字にさん付けかな。特にあだ名は無いです。

Q3 最近友達から言われるあだ名??

最近言われるようになったものは無いですねw

Q4 友達から呼ばれるあだ名は??

人によって違いますが、一番多いのは苗字呼び捨てでしょうか。

Q5 自分が気に入ってるあだ名は??

本名もじったあだ名なのでここではご勘弁を。
ヒントは、昔ジャンプで連載されてたサッカー漫画の関西弁キャラと同じものです。

Q6 バトンをまわす人5人は?

もっち、ことkioさま
豆ちゃん、こと豆稲荷さま
綾ちー、こと綾瀬さま
翠さん、こと西鶴翠さま
みむにー、こと三村さま

よろしくお願いしますw
そして、回してくださった一姉さまありがとうございましたw

posted by 朽葉トイロ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

管理人バトン

サークルの後輩が投げたのを受け取りました。
というか、こうも間髪おかずにバトンが回ってくるってどうでしょう?


Q1 取り扱いジャンルと傾向
このブログは日記と書評がメイン。
本家、というか、主な方のホームページはイラストと小説を。写真もちょっとあるか。


Q2 それぞれのジャンルの好きな男女キャラ
それぞれのジャンル……。
よくわかりませんが、義高×大姫!! これは譲れない!
義高Love!! 大姫Love!!(危)

漫画なら、焔の大佐×鷹の目中尉。
ラノベなら、ディー×セラ。
ミステリなら、小鳩くんと小山内さん。
純文なら、「いま、会いにゆきます」の二人かな。


Q3 作品を作っている時に思う事
これって面白いのかなー、どうすれば面白くなるかなー、と思いながら小説を書いてる。基本ですけど。
絵の方は完全に趣味で、好きなの描いてます。


Q4 HPにおける目標or野望
とりあえず、閉鎖しないこと。
更新を続けること。


Q5 次に回す5人
う〜、回したばかりの方もいますが……

黎明さま(ノンジャンルサイトっぽいですが、きっと回答してくれると期待)
月季姉さま(前回の「例えるとバトン」は既に回っていたそうなのでリベンジ)
kioさま&豆稲荷さま(2人の共同管理人様なので)
稲月さま(ブログなので、管理人バトンは難しいかもしれませんがよろしくです)


よろしくお願いします。
posted by 朽葉トイロ at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

このミス

このミステリーがすごい2006、で私の贔屓している石持浅海氏と米澤穂信氏が上位に食い込んでいてハッピーな管理人です。

そんな私は、金欠でこのミス自体は買えないという醜態。
なのに、ミステリーズ最新号に米澤氏の小市民シリーズの短編が載っていて買ってしまって阿呆な状況に。

あー。
年末出費多いのにどーしよう。
posted by 朽葉トイロ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

微妙だと思ったこと

「30分以内に外せるのは100人に1人」という知恵の輪を、30分以上1時間以内に外した。

これってすごいの? すごくないの?
posted by 朽葉トイロ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

自分を例えると?バトン

kioさまから回ってきました。
リーディングのお返しでしょうかw?
早速回答をw


Q1 自分を色に例えると?
銀とか青系色とか言われましたが、自分では白かなー、と思ったり。
どちらにしても、寒色に変わりなしw
朽葉色は好きだけど、自分のイメージ化といわれると疑問……w


Q2 自分を動物に例えると?
狐w
いや、だって……専用アイコンからして、ねぇ?


Q3 自分を好きなキャラに例えると?
んー……「ダブルブリッド」の片倉優樹が一番近しいと思ったり。
容姿で似たキャラって……あまりいないなぁ……


Q4 自分を食物に例えると?
た、食べ物……。
あんみつかな。
超甘党だしw


Q5 次に回す5人を色で例えると?
・月季姉さま:黄色or金色(なんとなくゴージャスなカラーが似合いそうですw)

・東島念兄さま:ショッキングオペラw(日記は持っていらっしゃらないかもしれませんが、これだけは外せませんw)

・細雪さま:白(まんまですね(苦笑))

・西鶴 翠さま:緑(チャットの緑組のイメージそのままに)

・三村さま:コバルトブルー(濃い青のイメージ。なぜでしょう……?)



では、お願いしますw
posted by 朽葉トイロ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

『アイルランドの薔薇』

著:石持浅海 出版:カッパ・ノベルス 光文社


1997年、長年の武力衝突を経てようやく和平へ向けて動くアイルランド。
そのスライゴーにある「レイクサイド・ハウス」というB&Bに、それぞれの理由を持って集まった客達は、偶然の出会いを喜び酒盛りをしていた。
しかし、その翌日、客の一人が何者かによって殺されていた。
しかもそれがアイルランドの合併の活動を目的とする武装勢力のNFCの幹部で――


ここでもレビューをあげた『水の迷宮』の作者石持浅海さんのデビュー作。
ミステリの王道、「嵐の山荘」(嵐などの何らかの理由によって陸の孤島状況に陥った場所で殺人が起こり、そこに居合わせた人間が事件を解決する推理もの)をベースに、アイルランドの和平問題を絡めてあり非常に面白かったです。
登場人物の個性がしっかりしていて、カタカナの名前の登場人物は人物表とにらめっこしながら読む私がそれをせずに読めるほどでした。
『さよなら妖精』同様、しっかりと裏打ちされた設定の上に成り立つ海外事情を挟んだものは私の好みなのかもしれません。

マイナスポイントは、殺し屋の設定でしょうか。
殺し屋、という割には机上の殺人だなぁ、と少し不満というか。



アイルランドの薔薇アイルランドの薔薇
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] アイルランドの薔薇
[著者] 石持 浅海
[種類] 文庫
[発売日] 2004-09-10
[出版社] 光文社

>>Seesaa ショッピングで買う



評価・ネタバレ
posted by 朽葉トイロ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評−小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

寒いです

今日は新宿に出かけたのはいいものの、サークルの買い物だけで終わる。
しかも買ったら早々に帰還というタッチアンドゴー。

お金ないから、買い物とか出来ないんですけどね。


最近めっきり冷え込みました。
posted by 朽葉トイロ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。