2005年07月11日

Reading Baton

月季さまより、リーディングバトンが回ってきたので、回答したいかと思います。



Q1 持っている本の冊数
もはや、怖くて数えていませんが、過去に数えた時に600以上あったので、今は700前後はあるのかと思われます。
小説、コミックはもとより、民俗学やオカルト関連、歴史(特に中世、源平合戦あたり)などの資料本に図書館司書関連の本が多数あります。


Q2 今読みかけの本or読む予定の本
●伊坂幸太郎 『陽気なギャングが地球を回す』 祥伝社 ノン・ノベル
伊坂は大好きです。順番的に、『死神の精度』の後にこちら、というのは間違っているような気もしますけど(苦笑)

●森谷明子 『れんげ野原のまんなかで』 東京創元社 ミステリ・フロンティア
図書館が舞台、ということで買ってみました。

これにプラス、以下の本です。


Q3 最後に買った本
●市川拓司 『世界中が雨だったら』 新潮社
●五木寛之 『百寺巡礼 第九巻 京都U』 講談社
●米澤穂信 『クドリャフカの順番 「十文字」事件』 角川書店

このうち、クドリャフカは既に読了。
百寺巡礼は、前の第八巻もまだ読んでいないので、早く消化しないといけません(苦笑)


Q4 特別な思い入れのある本、心に残った本五冊
コミック可、とのことですので、1作ほど。

●市川拓司 『いま、会いにゆきます』 小学館
映画化もされ、現在ドラマも放映されている人気作の原作小説です。
私は映画化の遥か以前から大好きで、心の中の良作として胸の内に留めておこう、と思っていたら、セカチューブームのあたりで紹介され、映画化で火がついて、あれよあれよという間にベストセラー本となってしまいました。嬉しい反面、どこか複雑だったのは言うまでもありませんが(苦笑)
いち物書きとして、構成や文章にものすごく感激したのを覚えています。

●米澤穂信 『さよなら妖精』 東京創元社 ミステリ・フロンティア
米澤氏の作品はデビュー作『氷菓』の頃から読んでいますが、私が一番大好きなのはこれです。
異邦人の少女・マーヤとの遭遇と、彼女から提示される些細な謎。ゆったりとしているようで、いつの間にか作品に引き込まれており、すらすら読める良い作品でした。
しっかりと設定に裏打ちがなされているのも良かったですね。見習いたいです。

●アーサー・C・クラーク 『2001年宇宙の旅』 早川書房 ハヤカワ文庫SF
言わずと知れた、SFの名作。
私はSFといえばクラーク、クラークといえばこの作品です。この作品を知らない人でも、HALという名前はどこかで聞いたことがあるかもしれません。
私はこのHALが好きで、彼がロボットであったからこそ抱いてしまった矛盾と、ロボットであるがゆえにそれにさいなまれる、という悲しい面に惹かれてやみません。

●秋山瑞人 『猫の地球儀』 メディアワークス 電撃文庫
秋山氏の作品は、『イリヤの空、UFOの夏』の方が一般的な知名度は高いかと思われますが、私はこの作品の方が良作と認識しています。
舞台設定と、圧倒的な文章力でぐいぐい引っ張っていってくれます。前後2巻構成ですが、前巻を読んだら、すぐに後巻を買いに行きたくなる。そんな作品でした。

●漆原友紀 『蟲師』 講談社 アフタヌーンKC
アニメ化も決定した漫画です。形式は1話完結の連作短編。
蟲、という設定もさながら、毎回マンネリ化しない話の構成は読んでいて楽しいです。絵もどこか静かで、幻想的な雰囲気がします。
南方熊楠の影響を多分に受けているであろう、民族学的な作品でもあります。


Q5 次にバトンを渡す五人
川霧颯輝さま
kioさま
蘇芳豆さま
風子さま
里々さま


後のお二人は、義経の記事に良くトラックバックしてくださる方から選ばせていただきました。
ご迷惑でしたら無視していただいてかまいませんが、もしバトンを受け取っていただけるなら、コメントかトラックバックをしていただけると嬉しいです。



【追記】

川霧颯輝さま、kioさまより、バトンを受け取っていただけるとのお返事が。
ありがとうございますw
posted by 朽葉トイロ at 02:19| Comment(4) | TrackBack(1) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バトン確認させて頂きました。
ちょっと書けるかどうか(最近読んでいる本少ないので・・・)分かりませんが、精一杯頑張ります。
Posted by 蘇芳 at 2005年07月14日 21:25
バトンどうもですw
受け取っていただいてありがとうございます。ぜひお願いしますね。
Posted by 朽葉トイロ@管理人 at 2005年07月14日 21:49
こんにちは。
バトン 受け取らせていただきました!
思い入れのある本は いろいろあって、なかなか5冊にしぼれませんわ〜。
楽しく選ばせていただきましたよ。
Posted by 風子 at 2005年07月20日 23:16
バトン受け取っていただいてありがとうございますw
ぜひ見に行きますね。
Posted by 朽葉トイロ@管理人 at 2005年07月21日 20:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4983284

この記事へのトラックバック

リーディングバトン
Excerpt: 7月にトイロ様から頂いたリーディングバトン。 一度書いたんですが、移転するし、何か書いておこうと思ってもうこいつを一度引っ張り出してみる。 Q1 持っている本の冊数 本棚の整理ついでに数えてみまし..
Weblog: 風化風葬
Tracked: 2005-10-04 12:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。