2005年11月20日

文学フリマ

桜庭一樹先生だーw わーw
とか、みーはーな気分にちょっと浸ってしまったり。

とりあえず、勉強になりました。
やっぱり書かなくちゃなー、とか思ったり。
モチベーション高めるには良い機会でしたね。
がんばろう。

まぁ、もう出店に修羅場は嫌です。
以後の冊子や来年のフリマはもっと余裕もって臨もうよ。
posted by 朽葉トイロ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

修羅場

不眠不休で明日のサークルの準備中。
このまま死ぬんじゃないだろうか……。
posted by 朽葉トイロ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

秘密

例えば秘密というものは約束事であって、守らねばならないものだったりするわけで。
とりあえず、私は他人の秘密は守る主義です。
「言うな」と言われたことは言いません。

じゃあ自分の秘密は?

微妙です。
今日も一時の感情に流されて危うく口走りそうになりました。
その秘密は自分一人のものではないのに。
自分という存在が間に挟まっただけで、こんなにももろくなりそうな自分が嫌だ。

とりあえず寝て忘れることにします。
posted by 朽葉トイロ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

パンク

自転車がパンクしました。
もしかしたらさせられた可能性が高いのですけれども。

どっちにしろ、一番の移動手段であったものが使えなくなって不便不便……。
posted by 朽葉トイロ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

壊れました

携帯のジョグキーが壊れました。
さすがSO○Yです。
これが噂の○ONYタイマーってやつですね……。

使いづらいよ……(泣)
posted by 朽葉トイロ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

宇都宮オフレポ

先週宇都宮であった、オフのレポです。

面子は私、一ノ瀬さん、りおくんの3名。かなり珍しい取り合わせではありましたw
目的は餃子を食べに行こうw ということでw

というか、決まったのがかなりノリだったので、私の最寄り駅から片道2時間かかるとは思ってもみませんでしたよ(苦笑)



待ち合わせは宇都宮駅西口。初めての場所で待ち合わせに不安でしたが、乗り換えの都合で、10分ほど遅れた以外はハプニングも無く、無事に合流。
とりあえずお昼(餃子)を食べようと駅前通りに繰り出したわけですが。

予想以上に餃子屋が少なくてびっくり。

その真相は後に判明するのですが。
ともかく、その時は仕方なく駅前まで戻って、餃子館(だったか)で1人餃子1品とライスを注文。それを3人で分けて食べよう、ということで。
私が海老餃子、りお君が辛口餃子、一之瀬さんが鮮肉餃子、といった取り合わせ。
「わざわざ鮮肉、って書いてあることは、他の餃子の肉は古いのかね?」などと愉快な(?)会話をしつつ、餃子を食す。

とりあえず食べ歩きが目的だったので、その後、東口に舞台を移し、有名どころらしい「みんみん」なる餃子屋へ。
有名どころなだけあって、けっこう人が並んでおりましたw
メニューは「焼餃子」「水餃子」「揚餃子」、それにライスとビールのみ。
シンプルなところに非常に好感がw
とりあえず、3人とも水餃子とライスを注文。
それでも1人330円でお腹一杯になれるのはいいなぁ、と思いましたね。美味しかったですしw


その後、オフの恒例というかなんというか、本屋へ。
胡散臭い霊界だの運命だのの本が本屋の入り口近くに特集で詰れており、なんだかなー、と3人で苦笑。


誰が何を買った、というわけでもなくその本屋を離れ、カラオケへ向かう途中にハーゲンダッツのお店(アイスクリーム専門店)を発見し、そこに入ってしばしまったりトーク。
トークの内容は、まぁ、省略(苦笑)
アイスはとても美味しかったです。池袋にもハーゲンダッツのお店があるので、今度行ってみようかなぁ、と思ったり。


その後予定通りカラオケへ。
オフにしては珍しいなぁ、と思いつつ始まったわけですが……

Σ( △ )2人ともうまっ……!??

いや、マジ上手かったです……
歌の中身はやはりというかなんというか、アニソンがほとんどを占めておりまして……
とりあえず私はデス種のあたりを歌った記憶が。

当初2時間だったのを1時間延長するまでに盛り上がり……
そして、

地震が

いやー、どうしてこう、私がオフに行くと地震がよく起こるのでしょうねぇ……(苦笑)
相対した揺れを感じませんでしたが、私が宇都宮に行ってると知ってる知人から大丈夫かとメールが。
どうも、結構大きい地震だったようです。

とりあえず、あまり気にせず、宴は続きましたが(爆)

またお2人とは行きたいですw


外に出ると日も暮れていて、夕食(やっぱり餃子)を食べよう、と再び西口へ。
りお君のリクエストにより、ラーメンが食べられる餃子屋を探すことに。
昼に取ってきた案内地図を見るに、餃子屋は駅前と、駅から少し離れたところに密集していて、昼に向かった距離のあたりは空白地帯になっているとのこと。

それならば、とガンガン歩きながら有名どころの餃子屋へ。
が、ものすごく込んでました。人の列が昼のみんみんよりも半端なかったです。
というわけでそこを諦めて、めんめんというまたしても似通ったネーミングのお店へ。
そこでラーメンと餃子を食べ、大満足のまま宇都宮駅へ。

電車の時間まで本屋に行こう、ということで駅ビル(?)の中の本屋を物色。

その後、一ノ瀬さんの電車の時間が来て、一之瀬さんとはそのままホームの中で別れ、りお君とは途中まで同じ電車だったのでそれに乗り、電車からりお君が降りて宇都宮オフは解散、と。



それにしても、宇都宮はナイス町でした。
ナイスビルにナイス不動産とはw
posted by 朽葉トイロ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝起きて

ええ、7時に目が覚めたわけですよ。
今日は掃除洗濯しよう、と決めていたわけで(ほんとは昨日もするつもりだったのは秘密)

なのに、二度寝してしまいました……(滝汗)


とりあえず、昨日録画したBLOOD+と蟲師を見つつ、まったりと朝ごはんにパンをかじりかじり。
午後からはちゃんとやるぞー!

秋冬物出して、夏物しまって、部屋を掃除して……
posted by 朽葉トイロ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

かなわないなぁ……

って思った。

与える影響力とか、発言力とか、存在自体の重みとか。
たぶんそういった類のもの全部。

その影響力の源は、積み重ねてきた年月の重みだったりするわけで、私がかなうはずも無いのは当たり前なのだけれども。

今はまだ、比べることすら出来ない。
同じ秤に乗る段階にすら至っていない。

でも、いつかは、きっと――






普通の日記
posted by 朽葉トイロ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

色々と

■バイト再開
夏休みの間、休止されていた図書館のバイトが再開。
やっぱり楽しい。
毎週月〜土が6:30起きになってしまったのは、まぁ、ちょっと辛いけど。


■小説
書けてません。
かなりスランプかも。


■腰
傷めました。
昨日はかなりひどく痛みました。
今日はだいぶマシになった。


■本
キノの旅の最新刊。
あと、アーサー・C・クラークの『渇きの海』読んでる。
『渇きの海』はなかなか面白い。


■色々と
まぁ、色々ありました。



明日は能楽の公演の準備の手伝いに行ってきます。
また疲れそうな……。
posted by 朽葉トイロ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

新宿へ

妹に頼まれたものを買いに久々に新宿まで繰り出しました。
とりあえず、新しく買ったコートの着心地も試したかったですし。

雨が降っていてものすごく疲れました。
オマケに目的のものは手に入りませんでしたし。

ああ、疲れた……。
posted by 朽葉トイロ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

クーラー

公立学校のクーラー設置率は4%らしい。
ってことは、私の学校はその4%のうちに入っている学校だったのか。
中高と設置されてたし。

恵まれてたんだなぁ……。
posted by 朽葉トイロ at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芝居を見に行ってきました

大学のサークルでゲストとして参加してくださっている方の演出の演劇を見に行ってきました。
もちろんゲストですから、校外の方なのですが。
ちなみに、私は初顔合わせでした。


内容については詳しく語りませんが、サナトリウムを舞台にしたお話。


演劇後にはサークルの皆と飲みながら色々と語り合いました。
閉幕が22時。その後、店に入って色々と夢中になって話しをしていたら――

うん、まあ、





終電に間に合ってよかった(汗)
posted by 朽葉トイロ at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

攻殻機動隊

最終回。

毎度毎度タチコマには泣かされっぱなしです。
やばい……(涙)
S.A.C.の時にも感動しましたけど。

荒巻課長がタチコマの最期に「部下の犠牲」と言ったところがまた……


タチコマだって生きているんだ。
posted by 朽葉トイロ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

行ってきました

去る9月22日、愛知万博へ行ってきました。

良かった。

凄く面白かった。

企業パビリオンや、グローバルパビリオンの人気館(ドイツやイギリス、クロアチアなど)には行けませんでしたが、それでも空いてる外国館を渡り歩き、十二分に堪能できました。
万博も終了間近だったので、値切り交渉したら品物をガンガン値引いてくれましたw
言ってみるものですね。

そんな万博も今日で終わり。
なんと皆勤賞の方もいらっしゃったようで、すごいなぁ、と思ったり。

結局私は朝の9時から夕方7時くらいまでずっと見て回っていました。
全てのパビリオンを見て回ることができなかったのは残念でしたが、楽しい1日でした。


10年後、この日のことを惜しむことはないだろう。
posted by 朽葉トイロ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

書評のマジック

なぜかこのブログの書評で扱った本の評価が高い理由。

面白かった本は書評を書きたくなる。
面白くなかった本は書評を書くのが億劫。

総じて、書かれる書評の平均評価は高くなる……。



このブログを見てくれる人のためにも、いまいちだった本も書評しなければならないなぁ、と思った。
posted by 朽葉トイロ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

祭のあと

秋ですし、オレンジに背景チェンジ。


で、何の祭かといえば、衆院選の祭。
私は選挙権を持っているので投票には行って来ました。
結果は自民圧勝でしたが、これで改革失敗したら次の選挙はリバウンドで大敗する可能性も。

迷走が始まるのか、暴走が始まるのか、それとも良い方向に動いてくれるのか。
今はただ静観するばかりです。
posted by 朽葉トイロ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

またしても

日記の更新が滞ります。
管理人は旅に出ます。

嘘です。ネット環境から遠ざかります。



今日の特ダネを見てて思ったこと。
最近、若い女性の間でヤドカリがブームだそうで。癒し系ペットだとかなんだとか。

ブームってなんだろう? って思った。
posted by 朽葉トイロ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

書き出し

ものすごい久々だと、何から書き始めて良いのか分からないです。
とりあえずは、書評上げてお茶を濁してみましたが。


で、これだけ更新が滞っていた理由。

新潟の実家へ長期帰省してました。
某チャットではこの長期帰省を茶化して「失踪」などと呼んでますけどね。
いちおう実家にはパソコンもネット回線もあるのですが、ネット回線が不調でネットに繋げない状況でした。

そりゃ更新も滞りますね。

このブログが携帯のメールから更新できることは知っています。
でも、携帯メールでの日記は既につけているので、二度手間って感じがして何か妙な気分。



で、色々と箇条書きにでも。


■義経

実家帰省中一度も見ていません。
母と妹にチャンネル握られてしまって(劇的ビフォーアフター)。

帰ってきて見てみても展開がさっぱり。
いえ、歴史は知っているので展開自体は知っているのですが、ドラマの内容が……。
とりあえず、撮り溜めた録画を見ることにします。


■読書

量が増えました。
1・5倍のペースです。
私的夏の100冊などという無茶な自分内企画で、この夏に100冊本を読もうというアホな思いつきによる。

読書の量が増えるのは物書きとしては良いのかもしれませんが。


■昨日のこと

高校時代の友達と遊んできました。

津田沼まで行きました。
千葉です。
何で私ばっかり……たまにはと今日まで出て来い、友人よ。
posted by 朽葉トイロ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

寄生虫オフ 後編

【前回のあらすじ】

ついに復活したネタ魔王・東島念。
ネコミミを装着した彼の「ドレイン&ポイズン」コンボによる攻撃は、法律の賢者・三村の体力を容赦なく奪ってゆく。

次第に意識のうすれる三村。
だがその時、ついに天使軍団「猫茶ガールズ」が現れるのだった!

(過剰表現が含まれていますが、基本的に真実です)



そんなこんなでオフ参加の全員がそろい、今回のオフのメインイベント、寄生虫館見学へ移動する面々。
扉の「冷房中につき開放厳禁」の表示にお昼の嫌な記憶が蘇るも、入ってみれば大して寒くなくて安堵。
中には、我々以外にも幾人かの見学者の方たちがいて、狭い中ぶつかったりして少し大変でした。
私は蘇芳さま、kioさまらと共に見て回ることに。
寄生虫の標本は、そうでもなかったのですが、感染者の写真がグロくて少しげんなり(苦笑) 8mの寄生虫をロープで表現してあったのに「長っ!?」と驚いてみたり。
2階では寄生虫グッズも売っていて、寄生虫Tシャツに寄生虫リングや寄生虫ネックレスなど、種々たくさん。特にポストカードはグロ写真で、「こんなの送られたら、嫌がらせだよね」と蘇芳さま。
正論です(笑)

色々見ていて、ふと気づくと周りに誰もおらず、焦る3人。
全員、もう見学を終えて外に出てしまっていました(苦笑)


見学後、目黒駅前へ戻り、マックで雑談をすることに。
私は2人席でkioさまと一緒でした。

最初は隣の蘇芳さまや黎明さまらも交えて談笑していましたが、何をどう間違ったのか、私が絵を描くことに(苦笑)
とりあえず、女の子達のリクエストにより、カッコいいあみのさまと、初参加のkioさまの似顔絵を描き、同じ席のkioさまから蟲師のギンコのリクエストを受けて描き、あとは私の描きたいまま落書きをちらほら。
そして、何を思ったか東島さまも筆をとり、草薙画伯もビックリの名画を連発し、周囲を爆笑の渦へ(笑)


そして、そんなこんなをしているうちに、突如地震が起こりました。
その時は「あ、大きい」とは思ったものの、大して気にはしていなかったのですが……


女の子達が帰る時間となり、駅へ向かうと、どうも不審な込み具合。
駅のアナウンスによると、先ほどの地震でJR全線運転見合わせとのこと。
電車が動かないのではどうしようもないので、全員電車が運転再開するまで急遽本屋へ避難。


本屋では、東島さまに私のオススメ本「さよなら妖精」を勧めると、東島さまは考えるそぶりもみせずに「良し」と即買いしたり、kioさまとお互いのオススメ本を紹介しあって、それらを買ったりしていました。
しかし、ネタが尽きてくると自然と全員が廊下の一角に集まり、結局は雑談会へw

稲月さまや黎明さまが、ちょくちょく電車の動向を見に行き、ようやく動き出したのを確認したあたりで、女の子組は帰宅させ、残った一同は新宿へ。


新宿では、閉店間際というのに、紀伊国屋本店へ。
本を見ながらの小説談義は有意義で楽しかったです。

閉店後、夕食を食べに適当に見つけたうどん屋へ。
素うどんに好きな具を選べるシステムはいいなあ、と思いつつ、味は可もなく不可もなくでした。

食事後、稲月さま、あるさま、としつぐさまと駅で別れ、私は東島様と共に池袋へ。
新宿で泊組の月季さま、一ノ瀬さまは黎明さまがホテルまで送り届けていただいたようで、おつかれさまでしたw
駅構内では電車の影響で止まった路線に長蛇の列ができていで、かなりビックリしたりw

帰りの(込み合った)車内で、東島さまと小説の応募について話していましたが、すぐに池袋に到着し、惜しみつつ別れて、オフは終わりました。


みなさま、本当にお疲れ様でした♪



それと、
posted by 朽葉トイロ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寄生虫オフ 前編

目黒での寄生虫オフのオフレポです。


午前6時に目が覚めて、おみやげのスウィートポテトを焼く。
焼いている間、昨日から用意しておいたネタを仕込む。
案外(冷ますのに)時間がかかってしまいましたが、予定通り9時半に家を出発することが出来ました。


打ち合わせでは11時に東京駅・銀の鈴に集合。間に合わないかと危惧しましたが、なんとかギリギリ5分前に到着。
待ち合わせ場所では、すでに幹事の稲月さまを始め、黎明さま、月季さま、一ノ瀬さま4名が到着済みでした。
おみやげを渡しつつ話を聞くに、残りはとしつぐさま、あるさま、東島さまの3名とのこと。

……遠くから来ているとしつぐさまはともかく、遅刻常連として名高いあるさまと東島さまがまだというのに一抹の不安を覚えるメンバー。
しかし、その瞬間、なんとあるさまが11時ジャストに到着。

一同驚愕(笑)
あるさま憤慨(苦笑)

今日はスムーズに集まるかな、と黎明さまがぼやいた時、東島様よりメールが届く。
内容は電車に乗り違えた、とのこと。
…………やはり噂通り、色々とやってくださる方です。その後の「ここどこだよぅ」メールに一同爆笑。そんなの知るかー(笑)
どうやら東京駅でも迷子になっていた様子でしたが、無事合流。
その後、としつぐさまも難なく合流し、一同目黒駅へ移動。
東京駅でご飯を食べると思っていた私は「え? ご飯は?」と間抜けな質問をしてしまったのはご愛嬌。


目黒駅に着き、駅前の大戸屋で食事。
昼時にしては空いていたものの、8人いっぺんに座れる席はなく、私&稲月さま&月季さま&としつぐさま、黎明さま&一ノ瀬さま、東島さま&あるさまの小グループに分かれて座ることに。
が、着いた席が悪く、冷房の真下でした。
ノースリーブだった私はもう寒くて仕方がなかったため、ネタで用意していた甚平を羽織る。どこで何が役に立つか分からないものですねw
他のグループはどうしているだろう? と思って見てみると、黎明さま&一ノ瀬さまはほとんど無言のお見合い状態で、東島さま&あるさまは熱く小説談義をしていた模様。


食事後、全員で寄生虫館の近くの公園へ移動。
その途中、自販機でドクターペッパーを発見し、これはいくしかないでしょう、と全員へ知らせる。
案の定、黎明さまがノってきて、嫌がる東島さまに半ば強引に飲ませる。
「ばあちゃんの味がするよぅ」「時に厳しく、しかし優しくっ」などとわけのわからない感想を吐く東島さまに一同大爆笑。
関東人でないため、ドクターペッパー未体験の月季さまと一ノ瀬さまにも勧めてみる。
どうやら、お二人は私同様、ドクターペッパーに対して耐性を持っている様子。

さらに途中、神社を発見し、私が意気揚々と乗り込んでみるとおみくじの自販機が。
1回200円。私と東島さまがネタとして引いてみることに。

「こういうおみくじって、たいてい大吉なんだよな〜」という予想通り、二人とも大吉。
が、書いてある内容は「病気:長引く」だの「旅行:長期旅行は避けよ」だの、まったく大吉の言葉とは思えないような内容。しかも、おまけについてきた開運シールは超適当な絵で思わず苦笑。


そんなこんなで時間を食っていたら、黎明さまの元に三村さまから目黒到着の連絡が入り、黎明様は駅へ迎えに離脱。残った我々は公園へ。
そして公園前の自販機で、パワーギアなる飲み物を発見。
即購入し、まずは私が毒見。

……薄いリポビタンDみたいな味でした。
不味くはないですが、積極的に飲みたい味ではないなぁ(苦笑)
その後、回し飲むも、全員微妙な雰囲気。

その公園では、東島さまがボールをいじっていたら持ち主の男の子(恐らく小学生)に怒られたりしながら時間を潰していると、黎明さまが三村さまを連れて合流。
インテリな頭脳派を予想していた私は意外とスポーツマン的な三村さまにビックリしたのはここだけの秘密。
黎明さまはそのままガールズを迎えに、駅へとんぼ帰り。

残った私たちは三村さまを交え、再び雑談(という名の東島様の独演会)を再開。

そして、突然、東島さまが「来た」と呟く。
一同、公園の入り口を見るも誰もおらず、不審に思っている中、

黎明さまが女の子を引きつれ、公園へ到着。

Σ( □ ;) 東島さま、ニュータイプ!!???


やってきた女の子達は、さすがに若々しく、スカートの可愛い綾瀬さま蘇芳さま、そして初顔合わせのkioさまも確かに印象深かったのですが……

Σ( □ ;) あみのさまカッコええ――!!??

思わずギターを握らせたくなるほどのカッコよさでした。
あれほどの衝撃を、私は忘れない……。

女子高生を交えつつ、公園で小一時間ほど雑談。
まあ、大人数なので必然というか、なんというか、いくつかの小グループに分かれました。
まあ、黎明さまや綾瀬さまあたりは色々なグループを渡り歩いたりもしていましたが。
私はあみのさま、蘇芳さま、kioさまらと木陰で腰をすえて雑談。
内容は……ごめんなさい、覚えていません(苦笑)
傍観する月季さまと一ノ瀬さまを見て、「いつものチャットでの傍観はあんな雰囲気なんだろうねー」とか言っていた記憶はありますけど(苦笑)

ですが、ネタとして用意しておいた甚平+狐面コンボを披露。
結構、受けたみたいで、まあ、重畳です。

そして舞台は、オフのメイン、寄生虫館へと移動する。
posted by 朽葉トイロ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。