2005年07月03日

『いま、会いにゆきます』 第1話

いよいよ始まった人気作のドラマ化です。
思えば、『世界の中心で、愛をさけぶ』も小説から映画化、ドラマ化しましたし、同じTBSならやってくれるとは思ってはいましたけれど。(セカチューは舞台化までしますしね)


ちなみに、私は映画化が決まる遥か以前よりの原作ファンです。
私も物書きをする者として、市川氏の原作にはかなり学ぶところも多く、もう大好きで、むしろ神格化していると言っても過言ではないくらいです。

とはいえ、映画も見に行きましたし、DVDも初回限定ボックスを予約で購入しましたw
その映画もなかなか良いと思ってはいます。

なので、まぁ、このドラマには期待半分、不安半分、といったところ。
原作の良い空気が壊れないと良いなぁ……と思ってみたり。




で、いい加減に本編を。


個人的には、澪の登場がちょっと早すぎかな? と感じました。
この第1話は、巧と佑司と、その周囲の状況をもっと掘り下げ、視聴者に説明・理解をさせてから、ラストに澪登場でレンジのエンディングテーマ、といった構成の方が見栄えしたかとも思います。
私は原作の「巧が佑司と映画を見に行って、その帰りに倒れる〜」というエピソードが好きなので、余計にそう思いました。

この話は、巧と澪の恋愛譚であると同時に、巧:佑司、澪:佑司、そして巧&澪:佑司という親子の愛の物語でもあると思うので、澪登場の前に巧と佑司との親子の絡みのエピソードをもっと入れて欲しかったです。


原作と異なる、「佑司が記憶の無い澪に苛立つ」エピソードは好きでした。
やっぱり、自分の母親が今までの母親と違う、というのは幼い子どもにとっては結構ショックでしょうしね。
特に、自分の名前すら覚えていてくれない、というのは。


あと、巧がピンク・レディーのUFOを聞いてふらつくシーンがありましたが、巧の持病(?)の伏線でしょうか?(確か巧は激しい音楽なんかもダメだったはず)
気になりますが、もしそうなら、もっとわかりやすい描写をして欲しいような気も(苦笑)




とりあえず、この第1話を見る限りでは、映画よりは原作に近い出来だったかな? と思いました。
逆に、音楽は映画の方が良かった気がします。
こういった風に、映画と比較して見るのは、少し間違っているのかもしれませんが、原作も映画も見ちゃっているので、しょうがないじゃありませんか(苦笑)

でも、原作のノンブル先生は好きなので、そのまま出して欲しいなぁ……(無理そうですが)




さらに独り言ですが、市川氏の作品なら、『そのときは彼によろしく』の方が映像化向きじゃないかなー、とは思っています。

いつかドラマ化されるなら、こちらの方が注目作かもw
(市川氏原作なら、妻が子どもに帰っていく、という内容のドラマもありますし)
posted by 朽葉トイロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。