2005年07月17日

義経 28話『頼朝非情なり』

とうとうこの時がやってきてしまいました。
(私にとっての)大河・義経のメインストーリー。

義高様、斬首です。


義経を絡ませてくるのは「ああ、やっぱり」といった感じ。
そもそも、彼がいないとこの大河は動きませんからね(苦笑)


富岡涼くんの演技は凛々しくて、それゆえに哀愁を感じざるを得ませんでした。
義経が義仲の言伝を伝える時の表情。
そして、斬首のおり、覚悟を決め前を向いた時の表情。
これで出番が終わりと言いうのは、少し惜しい気もします。(暗に、もっと前に義高様を出してくれてれば良かったのに、と言ってますが(苦笑))


野口真緒ちゃん、中々素敵でした。
舌っ足らずなところが、緊迫した場面にあまり向いてはいませんでしたが、義高様を逃がすと決断した、あの夕日をバックにしたカットは凄みが合ってよかったと思いました。
思わず、背中に鳥肌が立つほどに。

最期の義経に「近寄るな」と叫ぶ場面も好きでした。
まあ、普通に考えれば、そうですよね。
大姫にしてみれば、夫(婚約者)義高の父親の仇であり、義高斬首の原因の一端であるのですから。


頼朝が自分の理想を語る場面で、少し涙目になっていたのも印象的でした。
やはり、頼朝にもこの一件は堪えた様子。
大姫の婿として、かなり気にかけていたようですしね。

とはいえ、頼朝の言うことも一理あるんですよね。
父の仇の清盛に助けられ、そして清盛に反旗を翻した自分。義高の父の仇である自分。そしてその義高を助けた時、義高は……。
義高に自分を重ねていたからこそ、頼朝は義高を討たずにはいられなかったのかもしれません。



今回の不満点は、義高逃亡までの心理的なストーリー課程がごっそり抜けていたこと。
なぜ、大姫は義高を逃がそうとしたのか。
なぜ、義高は逃げようと思ったのか。
ここが少し弱い気がしました。
もう少し、掘り込んで描いてくれても良かったのに……。

posted by 朽葉トイロ at 21:36| Comment(7) | TrackBack(12) | 義経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

義経 26話『修羅の道へ』

よくよく考えたら、例の義高の話は一の谷の後なので、まだとうぶんの間は出てこないのでしたね。


とはいっても、義高を巡る暗雲みたいなものが鎌倉サイドに立ち込めている様子。

義高の、涙目であるのにそこを堪えて義仲戦死の報告を受けているシーン。そして、その後、縁の下で一人泣くシーンにグッときました。
それに、無邪気な問いをかける大姫に言葉に詰る大人3人。
母としての政子は以前にも見ましたが、頼朝の「父」としての側面は初めて見た気がします。


義経に関しては、鞍馬寺での再会が一番印象的。

とりあえず、静との再会はどうでもいいです(爆)
一応言っておきますと、私はうつほよりは静びいきではあります。


どうでも良い話、うつほと静の修羅場シーンなんて見たくありませんでしたが、その間に入った都議選の臨時ニュースなんてもっと見たくありませんでした(苦笑)
なぜ、なぜあのタイミングで?(泣)
posted by 朽葉トイロ at 23:04| Comment(2) | TrackBack(9) | 義経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

義経 25話『義仲最期』

木曾義仲は、私的にはかなり好きな人物でした。

朝日将軍。
まさにその名の通り輝き昇った人物かと。


さて、義仲の最期は、やはり額に矢を受けて――でしたか。
まぁ、どの源平合戦でもそう描かれるので、別に不満はありませんが、もう少し死に様を深く掘り下げて描いて欲しかったかなー、と思ってみたり。(主役でないとはいえ)やけにあっさりした死に様だった気がします。
部下を見捨てて逃げ延びる事を選ばなかった男気には惚れましたが(何)

ですが、死に際、朝日の幻を見るシーンは好印象。
まさに朝日将軍の最期! という感じで、涙を誘いました。

義仲様〜〜(涙)


しかし、何より巴は強いなぁ……w
あと1回くらい、大河義経には登場しそうですね。
どういう再登場をするのか、今から楽しみです。
(予告で義経に殴りかかっていたのが、彼女でしょうか?)



不満なのは、ラストに義経と常盤の母子再会に全部持っていかれたこと。
別に来週に回しても良いのに……
今回は義仲をメインに終わらせて欲しかったです。
サブタイトルだって『義仲最期』なのに。
主役というだけで、美味しいところ、全部持っていく気ですか。タッキー義経は(苦笑)




あとはどうでも良い話、来週義高と大姫が再登場というのに舞い上がっております。

「義高様はどうして泣いておられるのでしょう?」

大姫可愛い(爆)
舌っ足らずなところがもう……

こういうの見ると、私は根っからの義高・大姫のファンなんだなー、と思います。

義高の最期は再来週、といった感じでしょうか。


見逃せません。




あと
posted by 朽葉トイロ at 21:05| Comment(3) | TrackBack(10) | 義経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

義経 23話『九郎と義仲』

人は夢を叶えるために、どこまで犠牲に出来るのか。

そんなことをふと思った義経23話でした。
義仲は、良くも悪くも一途で一本気な男だったのでしょう。
その自らの野望のために、頼朝の元にいる義高のことを苦悩しながらも、ただひたすら前へ前へと。
また、義仲それゆえに不器用な男であり、京で狼藉を働く兵士を押さえることもできず、上皇の知略の上で踊らされる結果となってしまったのです。


今回の義経はちょっと感動した。

私が義仲が好きで、義高の話を絡めた二人のやり取りに心奪われていただけだとしても。


次週は、義経と義仲の戦いが始まります。
大河義経の山場の一つなので、ぜひ見逃さないようにしましょう。
posted by 朽葉トイロ at 20:54| Comment(2) | TrackBack(3) | 義経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

義高と大姫です

義高様きた――――!!

というわけで、今日の大河・義経。とうとう志水冠者義高と大姫の登場です。
いつもは義経の話題は滅多に書かない(変なテンションになることがあるから)のですが、まぁ、今回のために義経は見始めたようなものなので、もう書かずにはいられないというか。
そんなわけで、今日の日記のおかしいテンションなどは無視してください。


配役は、

義高:富岡涼
大姫:野口真緒

いや〜、両者とも可愛い♪
特に大姫役の野口真緒ちゃんは、もう顔で決まったんじゃないか、ってぐらいめちゃくちゃ可愛かったです。
セリフをちょっとどもる所もありましたが、もう、全・肯・定!
そのどもり具合がまた可愛さを引き立てている、と考えてる時点でもうダメ人間全開ですな。
義高様も、私の中では『凛々しい美少年』のイメージだったので、可愛い義高というのは新鮮で、「これはこれで、かなりいいかも」とか思ったり。

初顔合わせで照れる両者がもう、うあああああああ!! 可愛い!(←バカ)


あと、子どもの相手役をするタッキー・義経も良い味、というか、かなり好き。
最初緊張していた二人が、義経がアクロバティックを披露したあと、「すごい」「すごい」とすぐに義経に懐くのがもう可愛い可愛い!!♪(←大バカ)

大河の始まる前、どうかな? と思っていたタッキー・義経も、凄く良く役にはまってきていて大好きです。


義高の処遇を巡って苦悩する義仲と巴の描写も好き。
小池・巴は、「強い母」的な演出が似合ってた気がします。
この場面を想定してキャスティングをしていたとしたら、見事の一言。
しかし、一般的な「戦乙女」的なイメージには、やはり合わなさそうな予感も(苦笑)

この1年後の話も、また、楽しみです。
義経が義仲の軍勢を討つ時に、義高と大姫のことを回想して苦悩する演出とかあったら、もう最高!(←もはや変態)
posted by 朽葉トイロ at 21:21| Comment(2) | TrackBack(2) | 義経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。